ジョージ・ミラー監督最新作『マッドマックス 怒りのデスロード』(以下『マッドマックス』)で音楽を担当したオランダ人ミュージシャン、ジャンキーXLによるAMA(なんでも聞いて)

11057633_10153309946606668_5415190803047955363_n

元スレ:I am Hollywood film composer and Grammy nominated musician Junkie XL. You may have heard some of my work in recent films like Mad Max: Fury Road, 300: Rise of an Empire, Divergent. Ask me Anything!(2015/06/11)


Q. 『マッドマックス』の弦楽器の編曲には感動したよ。あのクラシカルなニュアンスを出すためにジョージ・ミラーと話し合ったんだろうと思うけど、あの映画やキャラクターに「ぴったりなサウンド」 や音景を探すとき、どんなメソッドを使った?あるいは、スタート地点はどこだった?

A. ジョージも僕も40年代後半から50年代に書かれた映画音楽が本当に大好きで、それを現代音楽に引き戻す方法を探していたんだ。

Q. 僕は『マッドマックス』の弦楽器の人間味とリアルさに本当に驚いたよ。生の楽器演奏をミックスしたのかい?それともサンプルライブラリだけで作った?

A. 『マッドマックス』の弦楽器は全部、シドニーで生の音をレコーディングしたんだ。すごくエネルギッシュなドラムと連携するように、たくさん加工したよ。 

Q. 吊り下げられたギター男はどうやって考え出された?クレイジーな火を噴くエレキギターを思いついたのは君かい?それともプロデューサーたち?

コーマドーフ・ウォーリアー Coma-Doof Warriorイオタ
イモータン・ジョーの養子の息子の1人で、ジョーの武装集団「ウォーボーイズ」の1人。火炎放射器型のギターを操る。彼は盲目で、奇妙なマスクを被り、赤色の衣装を着ている。ドーフ・ワゴン(Doof Wagon)と呼ばれる、スピーカーのトラックの前のステージでバンジー状態で紐で吊るされた状態で火炎放射器型のギターを操る。
Wikipediaより 

A. ジョージ・ミラーに違いない。

Q. あのギターウォーリアーがあんなにすごい奴になるって想像してた?

A. 初めて『マッドマックス』を見たときは、まだ最初も最後も無かったんだ!あれは2013年の8月のことだった。当時あの映画はドーフ・ウォーリアーのショットから始まってたんだよ!
しかも一睡もしない17時間のフライトの後で見たんだ!あぁ、かなり最高だった!
 
Q. どうやってコーマドーフ・ウォーリアーとドラマーたちの映像と自分の曲を合体させたの?

A. ドラムもギターも全部僕がレコーディングしたよ。どうやったかはこの動画を見て……
 
 
Q. 自分が作曲した中で傑作だと思ってる曲はどれ? 

A. 『マッドマックス』の「Into The Storm」っていうキューをすごく誇りに思ってる。

(訳注:キュー=映画のシーンに当てられた音楽)

Q. 飼ってる犬の鳴き声を『マッドマックス』のスコアにサンプリングした?

A. あぁ!吠えてるとこをサンプリングして、ピッチダウンしたりピッチアップしたり……「Spikey Cars」を聞いて。

Q. 最近君が曲を書いた映画の監督たちとはどういうプロセスで仕事した?

A. 最近の監督たちはみんな素晴らしかったよ!
監督もみんな人間だ。一人として同じ人間はいない!
だから問題は彼らとどう影響し合うかってことなんだ。素晴らしい同僚と思える人もいれば、親友と思える人もいる。
監督たちといつもやってるプロセスは、たくさん意見交換して、一緒に時間を過ごすこと。
監督が求めるものを理解しなければならないし、ほとんどの場合彼らは音楽言語がわからない。
こういうことをよく言われるんだ。「君のキューを聞いたとき、僕は不安な気持ちになる。でも実際に聞きたいのは怒りなんだ。と言っても不安が潜む怒りだよ。青を抑えめに、赤を強くして」
そしたら一作曲家として、それを音楽に表現しなきゃいけない。

Q.  今までのキャリアでどの映画のサウンドトラックが一番気に入ってる?それが特別なのはなんで?

A. 『マッドマックス』。ジョージ・ミラーがとても特別な人だから! 

Q. 『バットマン v スーパーマン』のテーマ曲についてなにか教えられる?3語で!

A. no no no (爆笑)
 


『マッドマックス 怒りのデスロード』でスリット役を演じたジョシュ・ヘルマンもAMA(なんでも聞いて!)もアップしました。←こちらはロングバージョンです。
◆その他のショートAMAはこちら。長文AMAはこちら

 にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ